HOME > ご挨拶・本校の特色 > ご挨拶(講師より)
            
ご挨拶・本校の特色

ご挨拶・本校の特色

ご挨拶(講師より)

セラピストへの道を二人三脚で一緒に歩みましょう!

私がまだ実習生だった時の担任の先生が素晴らしい方で、その先生に憧れの気持ちを持っていました。教師という職に興味を持ったのはその頃からだったと思います。その後、下関リハビリテーション学院を卒業し、実際の現場で実習生を指導した際に、学生たちが成長する姿を見て楽しさを実感し、教員になろうと決意しました。

和白リハの指導の特徴としては、担任制で学生一人ひとりの個性を把握した上で、卒院まで誰一人見捨てない熱心な指導にあると思います。実際の指導の際には、その学生が何を求めているか、何に対して悩んでいるかを見逃さず、妥協しない指導を心がけています。

国家試験合格はもちろんですが、将来、実際の現場で信頼される理学療法士として活躍できるように、基本的な挨拶や感謝の気持ちを忘れない気構え、どんな現場にも対応できる柔軟性や探究心などを、学生一人ひとりと接している際に伝えられるように指導しています。

濱田 大樹先生

理学療法学科
濱田 大樹先生

Profile

下関リハビリテーション学院卒業、香椎丘リハビリテーション病院に入職。理学療法士のプロとして活動後、和白リハビリテーション学院入職。

友達と支え合いながら過ごす学校生活は
皆さんのかけがえのない財産になるでしょう

関西の3年制専門学校を卒業した後、和白リハの関連病院である小文字病院、福岡新水巻病院で勤務し、実務として急性期から回復期までのリハビリテーションを経験させていただきました。その際の経験を通して、作業療法の楽しさとやりがいを伝えたいという思いが芽生え、指導者の道を志しました。

作業療法士に大切なのは、相手の立場になって考えることができる柔軟性と、客観的な観察・評価を可能にする知識と技術、そして判断力です。セラピストとして患者様と向き合うには、与えられた知識や技術だけではどうしても不足することがあります。患者様の立場にたった柔軟な判断力を和白リハで身につけ、将来、皆さんがプロとして、感謝の気持ちを忘れずに活躍できることを願っています。私自身も、これまでの出会いの中で多くのことを学ぶことができました。今の自分がいることを当たり前と思わずに、支えてくれた人がいることを忘れないでいてほしいと思います。
作業療法士は患者様の生活や人生に関わる仕事です。そのための勉強は本当に大変ですが、だからこそ、友達と支え合いながら過ごす学校生活はかけがえのない財産になるでしょう。せっかくの学生生活なので勉強だけでなく恋も遊びも楽しんでもらいたいです。

峯﨑 佳世子先生

作業療法学科
峯﨑 佳世子先生

Profile

専門学校を卒業後、関連病院に勤務。急性期から回復期までのリハビリテーションを経験。その後、小倉リハビリテーション学院の教員を経て、福岡和白リハビリテーション学院へ入職。

充実したカリキュラムと熱心な教員が揃っています
一緒に理学療法士を目指しましょう!

本学院の教員は比較的年齢が若く、学生の視点に立った考えができています。全ての教員が学生との関わりを大切に考え、一人ひとりの個性や感性を活かし、学生のその時その時の状況に合わせて指導内容を変えることで、成長へと導くことを共通認識に持ち、熱心に指導にあたっています。

充実したカリキュラムと、各提携病院や施設で行われる臨床実習により、和白リハの就職率は開校以来100%を誇ります。国家試験対策に関しても、過去の国家試験出題傾向の分析に始まり、グループ学習の促進から、合格に向けての雰囲気作りまで、学生一人ひとりの状況を把握し、最後までサポートしています。

また、将来、常に目標を持って行動できるようなプロの理学療法士として活躍できるように、また、求められる理学療法士になれるように、理学療法士としての専門知識の他に、誰にでも挨拶ができること、自身を振り返れる客観性を持てるようになること、計画的に行動できること、人と人との繋がりを大切にすることも伝えていきたいと考えています。

岡本 伸弘先生

理学療法学科(夜間コース)
岡本 伸弘先生

Profile

下関リハビリテーション学院を卒業後、香椎丘リハビリテーション病院へ入職、同時期に吉備国際大学大学院に入学。大学院卒業と同時に和白リハ学院の職員へ。

youtube

twitter

facebook

line

instagram

オープンキャンパスのお申し込みはこちら

お問い合わせ・資料請求はこちらから

お得な支援・補助制度はこちらから

修学支援金制度

交通費補助制度

特待生制度

保護者・卒業生・病院・福祉施設の方へ

高校の先生方へ 保護者の方へ

卒業生のみなさまへ

病院・福祉施設の方へ

youtube

twitter

facebook

twitter

instagram

pagetopへ